CHANGE3

CHANGE 3 MEDIA

CHANGE3 MEDIA

2024年3月12日

運動でうつ病予防!

うつ病は精神的な苦しみを引き起こし、日常生活に支障をきたす可能性があります。しかし、運動はうつ病の予防や症状の緩和に効果的な手段として知られています。ここでは、運動がうつ病予防にどのように役立つかについて解説します。

 

1. 快適な脳内化学物質の放出

     

  • ・エンドルフィンの放出
  •  

  • 運動によって脳内にエンドルフィンと呼ばれるホルモンが放出されます。エンドルフィンは、幸福感やリラックス感をもたらすとされ、心の安定感を促進します。
  •  

  • ・セロトニンの増加
  •  

  • 運動はセロトニンという神経伝達物質の放出を促進します。セロトニンは、心の安定やリラックスに重要な役割を果たし、うつ病の症状を軽減することが期待されます。
  •  

 

2. ストレスの軽減

     

  • ・ストレスホルモンの減少
  •  

  • 運動によってストレスホルモンであるコルチゾールの分泌が抑制されます。これにより、ストレスレベルが低下し、心の安定を保つことができます。
  •  

  •  

  • ・リラックス効果
  •  

  • 運動は、疲労や不安を解消するための有効な手段として機能します。運動中に深い呼吸やリラックスした姿勢を取ることで、心身の緊張が緩和されます。
  •  

 

3. 自尊心と自己肯定感の向上

     

  • ・達成感の得られる活動
  •  

  • 運動によって目標を達成し、成果を得ることができます。この達成感は、自尊心や自己肯定感を高め、うつ病のリスクを軽減するのに役立ちます。
  •  

  •  

  • ・身体的な変化
  •  

  • 運動によって体重が減少したり、体力が向上したりすることで、自己満足感や自信を得ることができます。これらの身体的な変化は、心の健康にもプラスの影響を与えます。
  •  

 

4.まとめ

運動は心と体の健康をサポートする効果的な方法の一つです。エンドルフィンやセロトニンの放出によって心の安定感を促進し、ストレスや不安を軽減します。また、達成感や自尊心の向上にも繋がり、うつ病予防に効果的な手段となります。毎日少しの運動を取り入れることで、健康な心と健康な体を手に入れましょう!
 
CHANGE3では無料見学も実施しております。気になった方は是非お越しください!
ご予約はこちらから↓
https://coubic.com/change3/booking_pages#pageContent

一覧へ戻る

INSTAGRAM

CHANGE3 INSTAGRAM