CHANGE 3 MEDIA

CHANGE3 MEDIA

2024年3月9日

運動しないとどうなる?

運動は健康や体調管理に非常に重要な役割を果たします。しかし、現代社会では忙しい生活やデジタル化が進み、運動不足の人が増えています。ここでは、運動しないとどうなるかについて解説します。

 

1. 身体的影響

     

  • ・筋力の低下
  •  

  • 運動不足は筋力の低下を引き起こします。筋力が低下すると、日常生活での動作が困難になり、転倒などのリスクが高まります。
  •  

  •  

  • ・心臓血管系のリスク
  •  

  • 運動不足は心臓血管系の疾患のリスクを増加させます。運動不足により、動脈硬化や高血圧、心臓病などのリスクが高まります。
  •  

  •  

  • ・肥満
  •  

  • 運動不足は肥満のリスクを増加させます。運動を行わないことでエネルギー消費が減少し、体脂肪が増加します。
  •  

 

2. 精神的影響

     

  • ・ストレスの増加
  •  

  • 運動不足はストレスの増加を引き起こします。運動によってストレスホルモンの分泌が抑制されるため、運動不足はストレスの解消を妨ぎます。
  •  

  •  

  • ・不安やうつ症状の増加
  •  

  • 運動不足は不安やうつ症状の増加を引き起こします。運動によって脳内のエンドルフィンが分泌されるため、運動不足は心の健康を損ないます。
  •  

 

3. 生活習慣病のリスク

     

  • ・糖尿病
  •  

  • 運動不足は糖尿病のリスクを増加させます。運動によって血糖値がコントロールされるため、運動不足はインスリンの効果を低下させます。
  •  

  •  

  • ・骨粗しょう症
  •  

  • 運動不足は骨粗しょう症のリスクを増加させます。運動によって骨密度が増加するため、運動不足は骨の健康を損ないます。
  •  

 

4.まとめ

運動不足は身体的、精神的な健康に悪影響を与えるだけでなく、生活習慣病のリスクを増加させる可能性があります。適度な運動を継続することで、健康な生活を送ることができます。日常生活に運動を取り入れ、定期的な運動習慣を身につけることが重要です。

 
CHANGE3では無料見学も実施しております。気になった方は是非お越しください!
ご予約はこちらから↓

https://coubic.com/change3/booking_pages#pageContent

一覧へ戻る

INSTAGRAM

CHANGE3 INSTAGRAM