CHANGE3

CHANGE 3 MEDIA

CHANGE3 MEDIA

2024年4月18日

筋肉疲労時のトレーニング:休むべきか、続けるべきか?

筋肉トレーニングを行っていると、時々筋肉が疲れるかもしれません。このような状況では、トレーニングを続けるべきか、それとも休むべきか悩むことがあります。今日は、筋肉疲労時のトレーニングについて考えてみましょう。

筋肉疲労時のトレーニング
筋肉が疲れている場合、トレーニングを続けるかどうかは個人の状況やトレーニング目標によって異なります。一般的には、筋肉が十分に回復していない状態でトレーニングを続けることは、過度な負荷をかける可能性があり、むしろ逆効果になることがあります。しかし、いくつかのポイントを考慮することで、筋肉疲労時のトレーニングを効果的に行うことができます。

 

1. 軽いトレーニングやアクティブリカバリー

筋肉が疲れている場合でも、完全に休息する必要はありません。軽いトレーニングやアクティブリカバリーを行うことで、筋肉の血行を促進し、疲労物質を排出することができます。例えば、軽いストレッチやウォーキング、ゆっくりとしたヨガなどが挙げられます。

 

2. 交互にトレーニング

筋肉が疲れた状態の場合、同じ筋肉を連続して酷使するのではなく、異なる筋肉を交互にトレーニングすることで、疲労を均等に分散させることができます。たとえば、背中の筋肉が疲れている場合は、上半身の他の筋肉にフォーカスしてトレーニングを行うことで、背中の負荷を軽減することができます。

 

3. 筋肉疲労の程度を考慮する

筋肉が疲れている場合でも、疲労の程度によってはトレーニングを続けることができる場合もあります。軽い筋肉疲労であれば、トレーニングを続けることで筋肉の成長を促進することができますが、重度の筋肉疲労や痛みがある場合は、休息が必要です。

 

4.まとめ

筋肉が疲れている場合でも、トレーニングを続けるかどうかは個人の状況によって異なります。軽いトレーニングやアクティブリカバリーを行うことで、筋肉の回復を促進し、疲労を軽減することができます。しかし、筋肉疲労の程度や痛みによっては、休息が必要な場合もあります。自分の体のサインをよく聞きながら、適切なトレーニングと休息のバランスを取りましょう。
 
CHANGE3では無料見学も実施しております。気になった方は是非お越しください!
ご予約はこちらから↓
https://coubic.com/change3/booking_pages#pageContent

一覧へ戻る

INSTAGRAM

CHANGE3 INSTAGRAM