CHANGE3

CHANGE 3 MEDIA

CHANGE3 MEDIA

2024年1月26日

筋トレで体重が増えた?

筋トレを始めると、一部の人が体重が増えることがあります。

この現象には理由があり、体重の変化を理解し、健康的なアプローチを考えることが重要です。

今回は、筋トレで体重が増える理由について探っていきましょう。

 

1. 筋肉量の増加

筋トレは筋肉を発達させ、その結果として筋肉量が増加します。

筋肉は脂肪よりも密度が高いため、筋肉が発達し脂肪の量が減ったことで体重増加へとつながることがあります。

 

2. 水分の蓄積

筋トレを始めると、筋肉が炎症を起こし、痛みや浮腫みが生じることがあります。

これにより、一時的に水分が増加し、体重が増えることがあります。ただし、これは一時的な現象であり、継続的なトレーニングにより改善されます。

 

3. グリコーゲンの貯蔵

筋トレや運動を行うと、体はエネルギーとして使うためにグリコーゲンを蓄えます。グリコーゲンは水と結びついているため、その蓄積により一時的な体重の増加が生じることがあります。

 

4. 食事の影響

トレーニングを始めると、食事も摂取量が増加することがあります。

増えた食事量により、摂取したカロリーが体に蓄積され、体重が増加する可能性があります。これは筋肉の成長や回復に必要な栄養素を摂ることが重要であるため、健康的なプロセスと言えます。

 

5. 見た目の変化

体重だけでなく、見た目の変化も重要です。筋トレによって体脂肪率が低下し、代わりに筋肉量が増加することで、見た目や健康にプラスの影響を与えることが期待されます。

 

6.まとめ

筋トレによる体重の増加は主に筋肉の発達や一時的な生理的な変化によるものであり、健康的なプロセスと言えます。ただし、体重だけでなく見た目の変化も考慮し、健康的な食事とトレーニングを組み合わせて続けることが重要です。トレーニングの進捗や変化に適応しながら、自身の健康目標に向けて進んでいくことが大切です。

 

CHANGE3では無料見学も実施しておりますので、気になった方は是非お越しください。

ご予約はこちらから↓

https://coubic.com/change3/booking_pages#pageContent

 

一覧へ戻る

INSTAGRAM

CHANGE3 INSTAGRAM