CHANGE3

CHANGE 3 MEDIA

CHANGE3 MEDIA

2024年5月11日

筋トレすると分泌されるホルモンとその効果

筋トレは、体を鍛えるだけでなく、様々なホルモンの分泌を促します。この記事では、筋トレによって分泌される主なホルモンとその効果について紹介します。

 

1. テストステロン

筋トレ中に分泌されるテストステロンは、筋肉の成長や修復を促進する重要なホルモンです。テストステロンの増加によって、筋肉の合成が促進され、筋力や筋肥大が期待できます。また、テストステロンは代謝を高め、脂肪燃焼を助ける効果もあります。

 

2. 成長ホルモン

筋トレ中に分泌される成長ホルモンは、細胞の再生や修復を促進し、筋肉や骨の成長をサポートします。成長ホルモンの増加によって、筋肉の合成や修復が促進され、筋トレの効果を高めることができます。また、成長ホルモンは脂肪の分解を促進し、筋肉量の増加と脂肪減少をサポートします。

 

3. インスリン

筋トレによって筋肉が収縮すると、インスリン感受性が向上し、血糖値のコントロールが改善されます。インスリンは、筋肉細胞にブドウ糖を取り込み、エネルギーとして利用する効果があります。また、筋トレ後の糖質摂取は筋グリコーゲンの補充を促し、筋肉の回復を支援します。

 

4. カテコラミン

筋トレ中に分泌されるカテコラミンは、ストレスホルモンとして知られていますが、適度な量では脂肪燃焼を促進し、エネルギー代謝を活性化します。カテコラミンの増加によって、脂肪の分解が促進され、筋トレ後の脂肪燃焼が助けられます。

 

5.まとめ

筋トレは、様々なホルモンの分泌を促し、筋肉の成長や修復、脂肪燃焼などの効果をもたらします。テストステロンや成長ホルモンは筋肉合成を促進し、インスリンは血糖値のコントロールを改善し、カテコラミンは脂肪燃焼を促進します。バランスの取れた筋トレを行うことで、ホルモンバランスを整え、健康的な体を手に入れましょう!

 

CHANGE3では無料見学も実施しております。気になった方は是非お越しください!

ご予約はこちらから↓

https://coubic.com/change3/booking_pages#pageContent

一覧へ戻る

INSTAGRAM

CHANGE3 INSTAGRAM