CHANGE3

CHANGE 3 MEDIA

CHANGE3 MEDIA

2024年4月10日

皮下脂肪と内臓脂肪の違いと脂肪がつく原因

脂肪は体内でさまざまな形で蓄積されますが、その中でも皮下脂肪と内臓脂肪は特に注目される要素です。この記事では、皮下脂肪と内臓脂肪の違いと、それぞれが蓄積される原因について解説します。

 

1. 皮下脂肪

皮下脂肪は皮膚の下に位置し、体の形状を保護し、体温を維持する役割があります。
主に食事のカロリー摂取過剰や運動不足などにより、エネルギーとして余分な脂肪が蓄積されます。
食事内容や運動量、生活習慣などが影響し、特にジャンクフードや高カロリー食品の摂取が多い場合に蓄積されやすくなります。

 

2. 内臓脂肪

内臓脂肪は内臓の周りに蓄積される脂肪であり、肝臓、膵臓、腎臓などの臓器を包み込みます。
内臓脂肪の主な原因は、過剰なカロリー摂取や運動不足だけでなく、ストレスや睡眠不足、遺伝なども影響します。
高カロリーな食事や精製された炭水化物の摂取、飲酒、運動不足などが内臓脂肪の増加を促します。

 

3. 違いの要約

皮下脂肪は外側に位置しており、食事のカロリー摂取過剰や運動不足などが主な原因です。
内臓脂肪は内臓の周りに位置し、ストレスや睡眠不足、過剰な飲酒などの生活習慣が影響しやすいです。

 

4.まとめ

皮下脂肪と内臓脂肪は、それぞれ異なる部位に蓄積され、異なる原因によって増加します。健康的な体重管理のためには、バランスの取れた食事、適切な運動、ストレス管理などの生活習慣の改善が重要です。
 
☆次回は皮下脂肪と内臓脂肪の落とし方についてご紹介します☆
 
CHANGE3では無料見学も実施しております。気になった方は是非お越しください!
ご予約はこちらから↓
https://coubic.com/change3/booking_pages#pageContent

一覧へ戻る

INSTAGRAM

CHANGE3 INSTAGRAM