CHANGE3

CHANGE 3 MEDIA

CHANGE3 MEDIA

2024年5月24日

寝不足はダイエットの敵!

寝不足はダイエットの敵であるということは、多くの研究や専門家の見解でも支持されています。実際、睡眠不足は体内のホルモンバランスや代謝に大きな影響を与えるため、ダイエットの効果を低下させる要因となります。

1. ホルモンバランスの乱れ

睡眠不足により、体内のホルモンバランスが乱れます。特に、睡眠不足はグレリンとレプチンという食欲をコントロールするホルモンに影響を与えます。グレリンは食欲を促進し、レプチンは満腹感を促進します。睡眠不足の場合、グレリンが増加し、レプチンが減少するため、食欲が増加し、食事量が増える可能性が高まります。

2. 代謝の低下

睡眠不足は基礎代謝率を低下させることがあります。つまり、エネルギー消費が減少し、脂肪が蓄積されやすくなります。また、体内の糖代謝も乱れるため、血糖値が不安定になり、食欲や間食が増加する傾向があります。

3. ストレスと情緒的な食事

睡眠不足はストレスホルモンであるコルチゾールの分泌を増加させます。これにより、ストレスによる情緒的な食事が増加し、高カロリーの食品を選びがちになります。また、ストレスにより睡眠不足がさらに悪化する悪循環も生じる可能性があります。

4. 運動パフォーマンスの低下

睡眠不足は、身体能力や運動パフォーマンスを低下させる可能性があります。十分な睡眠をとらないと、筋肉の修復や成長が妨げられ、トレーニングの効果が減少します。また、睡眠不足は疲労感や集中力の低下につながり、運動を行う意欲を減退させることもあります。

5.まとめ

以上のように、睡眠不足はダイエットの敵として様々な問題を引き起こします。そのため、健康な生活を送り、十分な睡眠を確保することが重要です。良質な睡眠をとることで、体内のホルモンバランスを整え、代謝を促進し、ダイエットの成果を最大限に引き出すことができます。

CHANGE3では無料見学も実施しております。気になった方は是非お越しください!

ご予約はこちらから↓

https://coubic.com/change3/booking_pages#pageContent

 

一覧へ戻る

INSTAGRAM

CHANGE3 INSTAGRAM