CHANGE3

CHANGE 3 MEDIA

CHANGE3 MEDIA

2024年5月9日

加齢とともに筋肉が落ちる理由

加齢とともに筋肉が落ちる現象は、多くの人にとって身近なものです。

この記事では、加齢とともに筋肉が減少する理由について解説していきます。

 

1. 筋肉のタンパク質合成の低下

加齢に伴い、筋肉のタンパク質合成能力が低下します。これは、体内の筋肉の修復や再生が鈍くなり、筋肉量の減少につながります。また、加齢によるホルモンバランスの変化も、筋肉のタンパク質合成に影響を与えます。

 

2. 筋肉の神経支配の低下

加齢により、筋肉の神経支配が低下します。神経が筋肉に指令を送る速度や効率が低下するため、筋肉の収縮能力が弱まります。これにより筋力が低下し、筋肉量も減少します。

 

3. 運動量の減少

加齢とともに、多くの人が運動量が減少します。これは、日常生活の活動量が減少するだけでなく、運動を行う意欲や能力も低下するためです。運動量の減少は筋肉の刺激不足を招き、筋肉量の減少につながります。

 

4. タンパク質摂取の不足

加齢により、多くの人がタンパク質摂取量が不足しがちです。タンパク質は筋肉の主要な構成要素であり、不足すると筋肉の修復や成長が妨げられます。

加齢に伴う食事の変化や消化吸収能力の低下などが、タンパク質摂取不足の要因となります。

 

5.まとめ

加齢とともに筋肉が減少する理由は、複数の要因が絡み合っています。筋肉のタンパク質合成の低下や神経支配の低下、運動量の減少、タンパク質摂取の不足などがその主な要因です。

これらの理解を深め、適切な対策を取ることで、加齢による筋肉の減少を遅らせることができます。

定期的な運動やバランスの良い食事、筋力トレーニングなどを取り入れて、健康な筋肉を維持しましょう!

 

CHANGE3では無料見学も実施しております。気になった方は是非お越しください!

ご予約はこちらから↓

https://coubic.com/change3/booking_pages#pageContent

一覧へ戻る

INSTAGRAM

CHANGE3 INSTAGRAM