CHANGE3

CHANGE 3 MEDIA

CHANGE3 MEDIA

2024年2月13日

冷え性がダイエットの妨げになる⁉

冷え性は体温が低くなりがちな状態であり、これがダイエットの妨げになることがあります。今回は、冷え性がダイエットに与える影響のいくつかを紹介します。

1. 代謝の低下

冷え性の人は体温が低くなる傾向があり、これにより基礎代謝が低下します。基礎代謝が低いと、カロリーを消費しにくくなり、ダイエットの効果が減少します。

 

2. 運動への抵抗感

冷え性の人は寒さに敏感で、外での運動への抵抗感が高まります。これが運動不足を引き起こし、ダイエットの障害となります。

3. 血行不良と脂肪蓄積

冷え性になると血行が悪くなり、特に末梢部(手足)が冷えやすくなります。血行不良は脂肪の燃焼を妨げ、脂肪の蓄積を促進します。

 

4. 食欲の増加

寒さに晒されることで、体はエネルギーを節約しようとします。そのため、寒い環境では食欲が増し、過食傾向になりやすくなります。

 

5. ストレスとホルモンバランス

 冷え性になると、ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌が増えることがあります。コルチゾールの増加は食欲を刺激し、脂肪蓄積を促進します。

6.対策としての注意点

  • 適切な服装

冷え性の人は適切な服装で体を温め、寒冷環境への適応を図りましょう。

 

  • 温かい飲み物の摂取

温かい飲み物は体を内側から温め、代謝を促進します。

 

  • 規則正しい運動

冷え性でも室内での運動や温かい環境でのウォーキングなど、適切な運動を心掛けましょう。

 

7.まとめ

冷え性がダイエットの妨げになる場合は、適切な対策を取りながら体温を適正に保つことが大切です。

 

次回は「身体を温めることの重要性と健康への影響」についてご紹介します!

 

CHANGE3では無料見学も実施しております。気になった方は是非お越しください!

ご予約はこちらから↓

https://coubic.com/change3/booking_pages#pageContent

一覧へ戻る

INSTAGRAM

CHANGE3 INSTAGRAM