CHANGE3

CHANGE 3 MEDIA

CHANGE3 MEDIA

2024年2月6日

おやつを食べるタイミング

ダイエット中におやつを摂ることは、適切なタイミングであれば食事制御や栄養バランスの維持に寄与します。この記事では、ダイエット中のおやつのタイミングについてご紹介します。

1. 昼食後

昼食後の午後にはエネルギーが低下しやすい時間があります。この時に小さなおやつを摂ることで、エネルギー供給を確保することができます。また、ブドウ糖は脳のエネルギー源で集中力のもととなります。

 

2. 夕食までの間食として

昼食と夕食の間には時間が空くため、おやつを挟むことで空腹感を和らげ、夕食時の過剰な摂取を予防できます。ただし、ヘルシーなおやつを選ぶことが重要です。

 

3. 運動前のエネルギー補給

運動前に適切なおやつを摂ることで、エネルギーが不足せずにトレーニングに臨むことができます。複合炭水化物とタンパク質が含まれたおやつが適しています。

 

4. 睡眠前の軽いおやつ

低カロリーで高タンパク質なものであれば、寝る前に軽いおやつを摂ることで、夜中の空腹感を和らげ、安眠をサポートできます。低カロリーで高タンパク質な選択が理想的です。過度な摂取は避けましょう。

 

5. おやつの選び方のポイント

・バランスのとれた栄養

タンパク質、脂質、炭水化物のバランスが取れたおやつを選ぶことで、満腹感を持続させることができます。

 

・適切なカロリー

過度なカロリー摂取は逆効果です。おやつはダイエット全体の摂取カロリーに考慮しつつ、適切な量を守りましょう。

 

・自然な甘み

人工的な甘味料よりも、果物やヨーグルトなどの自然な甘みを含んだおやつを選ぶと良いでしょう。

 

6. おやつの摂取を避けるべきタイミング

・食事の直前

食事の直前におやつを摂ると、血糖値が急激に上がってしまいます。またおやつで満腹になり、食事の摂取量のバランスが悪くなります。

 

・深夜

 寝る前の過度な食事は代謝を妨げることがあります。寝る2~3時間前までには食事を済ませ、軽いおやつのみにとどめると良いです。

 

7.まとめ

ダイエット中におやつを摂ることは、適切なタイミングであれば食事制御や栄養摂取の強力な手段となります。バランスのとれたおやつを選び、食事全体の摂取カロリーに考慮しながら、効果的に利用することが重要です。

 

CHANGE3では無料見学も実施しております。気になった方は是非お越しください!

ご予約はこちらから↓

https://coubic.com/change3/booking_pages#pageContent

一覧へ戻る

INSTAGRAM

CHANGE3 INSTAGRAM