CHANGE3

CHANGE 3 MEDIA

CHANGE3 MEDIA

2024年4月25日

【どっちがおすすめ?】ウォーキングとジョギング

ウォーキングとジョギングは、両方とも健康的な運動であり、体力の向上や心臓血管機能の改善などに効果があります

しかし、どちらが自分に適しているか迷ってしまうこともあるでしょう。

ここでは、ウォーキングとジョギングを比較し、それぞれの特徴やメリットについて考えてみましょう。

 

1.ウォーキングの特徴とメリット

低負荷で安全

ウォーキングは、身体に負担がかからず、怪我のリスクが低いため、初心者や高齢者にも適しています。

 

リラックス効果

ゆっくりとしたペースで歩くことで、ストレスを軽減し、心身のリラックス効果が得られます。

 

日常生活に取り入れやすい

  •  歩くことは日常生活に簡単に取り入れることができるため、運動不足解消や健康維持に役立ちます。

 

2.ジョギングの特徴とメリット

有酸素運動の効果

ジョギングはウォーキングよりも運動強度が高く、有酸素運動効果が高いため、カロリー消費や心臓血管機能の向上に効果的です。

 

筋力強化

 走る際に多くの筋肉を使うため、筋力や体力の向上につながります。

 

ストレス解消

ジョギングは有酸素運動としてエンドルフィンの分泌を促進し、ストレスを解消する効果があります。

 

3.どちらがおすすめ?

ウォーキング

初心者や高齢者、関節の負担を抑えたい方にはウォーキングがおすすめです。また、日常生活に取り入れやすく、リラックス効果も高いです。

 

ジョギング

より効率的な有酸素運動を求める方や、カロリー消費を重視する方にはジョギングがおすすめです。また、ストレス解消や心身のリフレッシュにも効果的です。

 

4.まとめ

いずれの運動も、自分の目標や体力に合わせて取り入れることが重要です。運動を続けるためには楽しく取り組めることが大切なので、自分に合った方法を見つけて、毎日の運動を楽しんでください。

 

CHANGE3では無料見学も実施しております。気になった方は是非お越しください!

ご予約はこちらから↓

https://coubic.com/change3/booking_pages#pageContent

一覧へ戻る

INSTAGRAM

CHANGE3 INSTAGRAM